Home 未分類 • 虫歯の治療がきっかけで血糖値が異常であることに気付くことが珍しくありません

虫歯の治療がきっかけで血糖値が異常であることに気付くことが珍しくありません

 - 

歯磨き剤を買う基準の1つとして、発泡剤が入っていないものを選ぶ方がおすすめです。

発泡剤が入っていると、ハミガキの時に口の中が泡立つため、良い歯磨きをしたという気分になるのですが、それは正確な理解ではありません。

かえって泡が立つことによって口の中の状態がわかりづらくなり、汚れを落とすべきところをちゃんと磨けないというマイナス点が生じてしまうのです。

歯磨きは歯石の除去が目的ですから、その目的に対して悪影響を与えるものが成分として使われてる歯磨き粉が良いものでないことは明らかです。

歯磨き粉の成分には色々なものがありますが、歯科医がすすめないものとしてコレ以外に研磨剤もあります。

研磨剤は歯の表面を削ってしまうので、短期的には歯がきれいになったような、使い続けると歯の表面に白以外の色がつくきっかけになるわけです。

歯磨き粉は不要だと力説する歯科衛生士もいるので、少なくとも不十分な知識で決めつけるのは良くないです。

歯周病と糖尿病は素人が見れば何のつながりもありませんが、本当はかなり関わりがあるのです。

糖尿病にかかると体の抵抗力が落ちますので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に容易に感染するようになり、その結果として歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿病の患者は唾液の分泌が不足するので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が正常値に近づくことがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病の治療にマイナスなのではないかと想像できます。

血糖値が高くても自分では分かりませんので、糖尿病に罹患していても気付けなくて当たり前なのですが、虫歯の治療がきっかけで血糖値が異常であることに気付くことが珍しくありません。
ボイトレ 新宿

糖尿病に限った話ではなく、口の中の健康は体全体の健康に密接なつながりがあるという話もありますので、歯磨きは丁寧にしましょう。

歯科で定期的に検診を受けるのは、とても大事なことです。なぜなら、初期の虫歯や歯周病は自覚症状が乏しく、自分で気付くことはまれだからなのです。

また、歯垢を日々の歯磨きで100%除去するのは無理なので、歯医者さんでないと無理なのですが、ちゃんと分かっている人は20%もいないようで、歯医者さんも頭を抱えています。

初診の歯科では、歯の周りのレントゲンを撮ることが多いのですが、これはレントゲンでないと確認できない体の内部の状態を把握するために行っているのです。

Author:hanamizukifp